工具買取専門店 工具ヘルパー 和歌山県No.1の工具買取専門サイト

会社概要

サイトマップ

工具買取専門店 工具ヘルパー

工具の買取&販売のことなら
工具買取専門店工具ヘルパーにお任せください!

073-488-2043 営業時間/10:00〜19:00定休日/なし

電話

menu

インパクトドライバーについて

2019年03月13日

☆工具ヘルパー・スタッフコラム

第20回 『 インパクトドライバーについて 』

 

皆さんこんにちは! 工具ヘルパー・新人スタッフの荒駒です!

 

 

前回はインパクトドライバーを分解して、掃除しながら勉強した様子を書きました。 今回はインパクトドライバーについてまとめてみようと思います。

 

それではどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

まず『インパクトドライバーとは何か』ですが、インパクトドライバーはネジ締めや穴あけをするための電動工具です。

 

電動工具でネジ締めというと『ドリルドライバー』というものもありますが、こちらは打撃がありません。 よってトルクがインパクトドライバーよりも弱いです。

 

打ち込む材質や用途によってはパワーが足りないと困るなんてことがあると思います。 なのでインパクトドライバーが選ばれることが多いようです。

 

たしかにドリルドライバーの方がパワーが弱めで、インパクトもないので割れにくく、またクラッチ機能がついているのでやわらかい材質や繊細な作業の場合は向いているときもあります。

 

しかし今のインパクトドライバーにはパワーの強弱機能がついていますし、なんだかんだドリルドライバーの役割をもこなしてしまいます。

(DIYで使用する際は、コスパや騒音などの面でドリルドライバーを取られる方もいるかもしれません)

 

 

 

インパクトドライバー

〇メリット

・トルクが強く、打撃も加わるので強固かつ効率がいい

 

〇デメリット

・打撃によって材料が割れたり、ひびが入ってりする

・騒音が出る

 

 

ドリルドライバー

〇メリット

・クラッチ機能がついていて、トルクを調節できる

 

・音が静か

〇デメリット

・トルクが弱い

 

 

 

作るものにもよると思いますが、DIYだとドリルドライバーで事足りるのかもしれませんね。 騒音は出したくないですしね。

 

インパクトドライバーはピンキリですが、コストも1万円は変わってきます。 こだわる方であれば問題ないんでしょうが、ただDIYをやってみたいという方には少しやりすぎな気もします。

 

何を作りたいか?何をしたいか?を考えてからどちらを購入するか、決めた方がいいと思います。

 

 

 

 

続きまして、インパクトドライバーを発売しているメーカーはいくつもある訳ですが、それぞれどういった違いがあるのか?

メーカー別の特徴や特色を紹介したいと思います。(以前のコラムにてマキタとHiKOKIは書きましたが)

 

 

 

まずプロの方は 【バッテリーの互換性】 【防じん・防滴性の高さ】 【使いやすくトルクが強い】 というポイントを重視しているようです。

バッテリーの互換性を考えてなのか、買い替えるときはスペックよりもとにかく同じメーカーを重視するらしく、スペックを全く見ずに購入する方もいるそうです。

また、現場で作業していれば塵や埃がすごいですし、突然の雨に降られることも多いです。高トルクを必要とする現場も多いです。 求められるスペックが高いので自然と値段も高くなります。

すぐ壊れてしまっていてはいろいろと仕事になりませんからね。

 

 

 

ではメーカーごとの特徴を見ていきましょう。

 

 

 

マキタ

日本だけでなく世界でも愛用されているメーカー。マキタといえば充電工具で、豊富なラインナップとバッテリーの互換性で人気。

インパクトドライバーも高い水準のスペックと使いやすさで愛用している方が多い。

 

 

HiKOKI(日立)

日立ブランドを引き継ぐ会社で、充電工具のラインナップが豊富で人気。コンパクトで機動性を兼ね備えたシリーズ「マルチボルトシリーズ」の評判が高い。

高性能にこだわるブランドの一つ。

 

 

MAX

ステープラーが有名で、世間的にもホチキスで知られている。 工具で言えば空圧工具で評価が高い。

インパクトドライバーの性能自体は特に目立つものはないが、ユーザーの使いやすさを第一に考えられており、細かな気配りがなされている。

 

 

BOSCH(ボッシュ)

電動工具のベースを生み出してきたパイオニアで、世界で有名なドイツのメーカー。

『安全第一』を掲げ、細かなこだわりの元にデザインされたインパクトドライバーは世界でのシェアが高い。

 

 

Panasonic(パナソニック)

電設資材の販路に電気工具も乗っているため、電設業者に向けた製品が多く、また評価が高い。

インパクトドライバーも電設工事での使用のために考えられており、使う方が多い。

 

 

 

 

 

ざっと5メーカーについてまとめてみましたが、やはり認知度でマキタになるのでしょうか。

 

細かな性能や使いやすさ、携帯性などで比べてみればそれぞれのメーカーに良さがあると思います。 個人的には高性能、耐久性からHiKOKIが好きですね。

 

それぞれのメーカーで様々なインパクトドライバーが販売されていますので、用途によってスペックを見比べ、予算に応じたモノを選びましょう。

やはりコスパが大事ですからね!

 

 

ということでインパクトドライバーについてつらねてきましたがいかがだったでしょうか?

 

メーカーの特長や特色に関してはプロのイメージで書いたのでDIYとは少し異なるかもしれません。

まだこのメーカーのこのインパクトドライバーがオススメ!なんてことは言えませんが、どんどん知識を深めてここでオススメしていけるように精進したいと思います!

 

 

それではご覧いただきありがとうございました!

お電話でのお問い合わせはこちら

実店舗のご案内

最新買取実績

コンテンツコンテンツ

  • 最新買取実績
  • 取扱アイテム一覧
  • 買取強化ブランド
  • 買取相場一覧表
  • よくあるご質問
  • 実店舗のご案内
  • スタッフコラム
  • 最新買取実績
  • 取扱アイテム一覧
  • 買取強化ブランド
  • 買取相場一覧表
  • よくあるご質問
  • 実店舗のご案内
  • スタッフコラム

工具を高く売るコツ

工具を高く売るコツ

スタッフコラムスタッフコラム