工具買取専門店 工具ヘルパー 和歌山県No.1の工具買取専門サイト

会社概要

サイトマップ

工具買取専門店 工具ヘルパー

工具の買取&販売のことなら
工具買取専門店工具ヘルパーにお任せください!

073-488-2043 営業時間/10:00〜19:00定休日/なし

電話

menu

【工具コラム】工具ヘルパー・スタッフのつぶやき

2020年01月22日

こんにちは!

工具って本体の種類+付属品の種類も膨大にあって、どれがどれに対応するのかとか、これにこれは使えるのかとか把握するだけでも大変ですね。

そこにメーカー規格も絡んでくるから余計にややこしい。店頭での問い合わせでも「このメーカーのこのパーツはそのメーカーのその工具に使えるのかな?」とよく聞かれます。

 

ハンマー(ドリル)のビット軸、いわゆる「シャンク」の違いはまだわかりやすいです。ぱっと見で形も大きさも違うのと、ハンマーの差し込み口とシャンクの形・大きさが合えばメーカー共通の規格なのでどのハンマーでも使用可能ですからね。

ざっくりと説明するとシャンクの種類は【六角軸】【SDSーPLUS】【SDS-MAX】があります。震動ドリル用に【ストレートシャンク】もあるのですがここでは割愛。

【六角軸】は軸の途中に出っ張りがあって、ハンマー側の差し込み口にある金具に「ひっかける」イメージで装着します。

【SDS-PLUS】【SDS-MAX】はワンタッチで脱着が可能なシャンク軸です。

ドイツ語で【Steck・Dreeh・Sitzt(差し込み・回すと・固定される)】の略語であり、BOSCHが開発したシャンクです。

シャンクの径が10㎜なら【SDS-PLUS】18mmなら【SDS-MAX】となります。

小型~中型のハンマー(ドリル)で多く見かけるシャンク軸かなと個人的に思ってます。大型の、少し旧い型式のハンマー(ドリル)は六角軸が多い印象です。

 

 

今日のつぶやきはここまでです。

ちょっとシリーズ化して各工具に対応する付属品の知識整理を行おうと思います。

次回はレシプロソー・セーバーソーの替刃についてつぶやき予定です。

ここまでお付き合い下さりありがとうございました。

それでは、また!

 

執筆担当:栗本

お電話でのお問い合わせはこちら

実店舗のご案内

最新買取実績

コンテンツコンテンツ

  • 最新買取実績
  • 取扱アイテム一覧
  • 買取強化ブランド
  • 買取相場一覧表
  • よくあるご質問
  • 実店舗のご案内
  • スタッフコラム
  • 最新買取実績
  • 取扱アイテム一覧
  • 買取強化ブランド
  • 買取相場一覧表
  • よくあるご質問
  • 実店舗のご案内
  • スタッフコラム

工具を高く売るコツ

工具を高く売るコツ

スタッフコラムスタッフコラム